RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
高尾山のお話!!
 こんばんは〜!!本日は高尾山のふもとでお泊りです〜!!

川が本当にきれいで、住宅街なのにすぐ裏の川では蛍がみれるらしいです。

もう実家の田舎の川ですら見れなくなった蛍!!が

なんと東京でみれるんですって・・・・・・驚き!!


今回のマラソン企画のルートは本当にちょーーー適当に決めています!!

決めていたことはただひとつ!!青森の六ヶ所村と高尾山!!

そして、沖縄にいく!!って事くらいです。

その他は地図をみて適当に決めました!!


まるで、高尾山にトンネルをほろうと決めたお役人のようね!!

皆様は知っていましたでしょうか!?

あのミシュラン三ツ星で、今ほんとうに賑わっている高尾山!!

鳥の種類も植物の種類も日本の山の中でもトップクラス!!

その高尾山の賑わっている裏側ではどでかいトンネルが掘られていることを!!

なんで!?理由は人間の欲〜!!都内をぐるり囲む環状道路の建設のためです!!

わざわざ高尾山を彫る理由は、地図上で線をぐるーり引いていたら

たまたま高尾山を通っていたから〜!!これ本当らしいです(笑)



そんなこんなで、ただいま高尾山のお腹には小さい穴が半分くらい掘られてしまったそうです。

まずは、小さい穴をほってその後に馬鹿でかい穴を掘るんだそうです。

そうするとどうなるでしょう!?

水がかれちゃうんです!!命の水は人間だけのものじゃない。

植物や動物にとっても命なんです。

それが、枯れる!?高尾山がミシュランになったのは生態系の豊かさも理由の一つらしいです!!

生態系が豊かな理由の一つに綺麗な水があります

その水がなくなる!?山が死んでしまいます!!

僕は初めて高尾山に来たときにびっくりしました!!

だってこんなに東京から近いのに・・・・・自然がめっちゃ豊かだったからです!!

だからみんなに大人気!!

なのに、その裏ではそれに矛盾するように自然が壊されています。

このことを登山者は知っているのでしょうか!?

しょうがない!!と思っているのでしょうか!?

確かに、僕もマラソンをして来たのは道路です!!舗装された道路に

助けられています。

道路は今ひつようです!!でもこれ以上!?この道路は必要なのでしょうか!?

国土交通省は、はっきりと言っています。



(今日とまらせていただいた田畑さんと弟)

☆この道路ができると3分目的地につくのが早くなる!!

☆この道路は普通につくるのに1メートル2000万。高尾山を掘ると7000万

☆それは、みなさんの税金でやってます〜♪

☆当初は都内の渋滞解消のためでしたが、この道路ができても2%しか都内の渋滞は減りません!!


というすばらしい道路です(笑)

用は高尾山とこの道路!!てんびんにかければ誰にだってわかるでしょう!!

これは国土交通省がだしているデータです!!

(僕もうろ覚えですが、ほぼこんな感じ!!間違ってたら!?気にしない〜♪)

こんな馬鹿げたことにもう自然を壊されたくない!!

なぜ無関心!?

知らないからですよ!?だいたいの問題が真実を知らない!!

こんなこと一人一人が知ったら、とっくにこんな事はなくなってる!!


登っている人は自然が大好き〜!!ふもとのお土産屋さんはその

登山者になにかを売って生きている。

でもトンネルの事はまだまだ知らない人ばかり・・・・・

水が枯れてから、大騒ぎする!!しても水は戻ってこない。

地球温暖化。戦争。原発。

起こらないと、本気にならない。いろんな問題がそんな感じ

もっとイメージしたい!!

戦争で死んだ人は二度と戻らない

原発からでた放射能は半永久的に存在する

一度壊された自然は元に戻らない



このままいくと子供の未来はどうなりますか!?

本気ならばまだまだみんなでできる事がたくさん見つかるはず!!

そんなことを高尾山の問題から考えます。

こんなちっぽけな言葉をはいて、誰か一人でもこの事を知って、

そして、高尾山に登ってみて

この山がすきだぁ〜ってなんかやり始めちゃう人がいたとしたら

嬉しい限りです!!

高尾山最高ですよ〜!!だから残したい!!

この山を未来の子供にも見せたいから!!

シンプルでしょ!?


ああああまた長くなった!!しわけわからん!!

本当に読んでいただきありがとうございます!!
author:やれできヨネ!!, category:皆様!!緊急です, 23:41
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:41
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://yaredeki2009.jugem.jp/trackback/336