RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あわのネの打ち上げ〜!!9月22日
 夏の終わりは自分で決める!!まだ終わってない!夏をとりもどそうとあわのネスタッフで皆さんとワイワイしようと

打ち上げを企画しました!!

皆さんあの夏をもう一度!!しませんか〜!?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あわのネ2012打ち上げ in ROOM
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お疲れさま〜と感謝の気持ちを込めて誰でも参加オッケーの打ち上げをやります!!ぜひご参加ください!!

日時:9月22日(土)19時〜22時
   ※乾杯は19時過ぎにやります!
場所:千葉県館山市 ROOM 
住所 294-0014 千葉県 館山市 山本252−14
紹介HP http://www.hotfrog.jp/%E4%BC%81%E6%A5%AD/%EF%BC%B2%EF%BD%8F%EF%BD%8F%EF%BD%8D%E9%A4%A8%E5%B1%B1%E5%BA
%97
駐車場はROOM店舗前のローソンにお願い致します


会費:1人2000円 (ビールを中心とした飲み放題3h)
子どもは無料!ソフトドリンク用意します!!   
※できれば一品持ち寄りお願い致します!!


申し込み:人数を把握したいので来れる方は事前に連絡ください!9月14日ま
でに daiconjiru.wakame@docomo.ne.jp 米原まで  ○名前 ○人数 などを
お伝えください!


当日の内容:あわのネの感動をもう一度!!という事で
1、あわのネ当日の写真を展示します!
2、あわのネ当日の映像を流します!※未公開映像多数!
3、メンバーによるトーク(秘話!!??)
4、緩く飲みまくりましょう!!

お問い合わせ
打ち上げ担当 米原
daiconjiru.wakame@docomo.ne.jp

盛り上がっちゃいましょうね〜!!


author:やれできヨネ!!, category:-, 21:37
comments(1), trackbacks(0), - -
あわのネ2012終了〜♪♪
2012082714170000.jpg

こんばんは!!あわのネ2012言い出しっぺの米原です!!

ブログの方をですね、本当に3ヶ月くらい放置しておりました!!

その間もしっかりと覗いてくれていた方々!!本当にありがとうございます!!

さて、やっぱり終了のあいさつはブログじゃないとな!!と思いましてブログを書きます

正直、まだ片付けも終わっていない状況ですが、一週間たったということで挨拶させていただきます!

まずはあわのネに来て頂きありがとうございます!!来れなかった方も気にかけて

いただき本当にありがとうございます!

反省点や改善点は多々ありますが、ひとまずは成功と言えるようなイベントになった

ように思います。動員数は2日で2500人としておきます(仮)

2010年から始まったこのイベント!!とにかく地元の館山に熱いイベントを作りたい!

多くの人に館山に来て感じてほしい!!という想いから

地元の同級生で発足したのが始まりでした。

訳もわからず初めた1年目から始まり、沖ノ島に開催場所を移した2年目!そして

飛躍の3年目をどうにかこうにかやりきりました!!

有料への変換やその他もろもろのチャレンジにて沢山の人達に疑問や

迷惑をかけた部分もあると思います。

でも全てはどうやったらこの田舎を盛り上げる事ができるか!?

どうやったら来てくれた人も笑顔

出店者も出演者も笑顔

やっているメンバーも笑顔になれるか!?と模索している段階での

チャレンジです!!色んな声があると思います!でもその全てに意味があって

また反省すべき点もおおくあります!

でも僕らはまだまだ発展途上のこのイベントをしっかりとやっていきたいと思います!!

これほど手作りなイベントは中々ないと思います

それは人件費や労力を考えたらまったくわりにあわないですよ!

1年間をかけた企画  

搬入から搬出までかけたら2週間じゃきかない準備期間

業者に頼らず自分達の手作りや繋がりで作り上げる最高のフェス!!

まさに沖ノ島に2日間だけ出来上がったテーマパークでした

正直今年は有料の面もあり かなりのプレッシャーがありました。

血尿でんじゃね?ってくらいの自分を初めて感じていました!

実際に徹夜続きて望んだ1日目 25日はひどいもんでした!

沢山の人にご迷惑をおかけした事を自覚しております

悔しくて 悔しくて  今思い出しただけでも

自分が笑ってない事に本当に申し訳なく思います!!

でもそれを吹っ飛ばしてくれたのはやっぱり来て楽しんでくれてるお客さんです!!

今年はスッゲー辛かったンすよ!! 当日も顔が死んでた!!

でもその何十倍と笑顔を見せてくれるお客さんがいた!!めっっちゃ楽しんでた

海に入ってた!酒のんでた!!音楽にのってた!!ちょっとした自然に感動してた!!仲間と再開してた!!新しい出会いが生まれてた!!


そんな色んな場面をこっそりと僕は見ながら涙をしておりました。

めっちゃ辛かったし  めっちゃしんどかった

けどやらなかったらここにみんなは集まらなかった。

もうみんなの笑顔を見てるだけで一年間分の労力なんて吹っ飛びます!!

本当にありがとうございます!!

助けていただいた方にも頭があがりません!!

イベントの規模ではなく、

もっっともっと来た人が  関わっている人が  音楽している人が

気持ちいい  笑顔になって楽しめるフェスになれるようにメンバー一同頑張って行きます

来年の形はまだ決まってませんが

でも僕らはまた来年に向かっています。

関わりたい人は一緒に楽しみましょう

遊びたい人は一緒に遊びましょう

みんなで作って行きたいし作ってきました

千葉県のさきっちょで開催するあわのネ!!

まだまだ
まだまだ

やったります!!

ひとまず

本当に本当にありがとうございます!!文字じゃ伝わらないですが

この瞬間も涙が出ているっす

ありがとうございます!!また会いましょう
author:やれできヨネ!!, category:-, 19:22
comments(6), trackbacks(0), - -
あわのネができるまで!その2
2011082514590000.jpg
おはようございます!イベントの設営の合間を見てブログ書きます!

1年目のあわのネ。

1年目は実行メンバーの大半は都内にいました。

私自身もまだ埼玉県におりました。

そんな中で、場所を決めるところから企画がスタートいたしました。

しかしながら、いきなり野外イベントをやらせてくれ!

と言ったところで、回りの大人たちは?

なんだこいつら!みたいな感じもありました。

僕ら自身もとりあえず1回目をやってしまおう!と

出来る限りの行動を起こしました。

市役所に通っての交渉

協賛をもらうためのプレゼンを企業に行う。

全てが館山では始めての経験でした。

しかし、動きながらも改めて自分たちの地元に意識をして

今まで見えなかったものも色々見えてきました。

とりあえずやっちまおう!と見切り発車したものの

発車しなければ、こんなに館山を考える事にはならなかったと思います。

昔の知り合いと久しぶりに会ったり、もちろん新しい出会いも沢山ありました。
僕は、週に3回以上は帰省し、イベントを進めていました。

そんなこんなでやった1回目は、地元の人たちを中心に500人程度のイベントとなりました。

当日は晴れましたが、風が強く

ベストではありませんでしたが、それでも第一歩を踏み出した事はとても大きかったと思います。

動くと見える。そして繋がる

動きを止めず、今年もがんばります!
author:やれできヨネ!!, category:-, 09:39
comments(0), trackbacks(0), - -
あわのネができたきっかけ
2011112612500000.jpg
こんにちは。米原です!

本当にしばらくブログを書いてませんでしたね!

忙しいとついつい発信を疎かにしてしまいますね。

さて、今日はあわのネの話を少しさせていただきます。

2009年。

もう3年も前になりますね。とある機会に上京した同級生と飲み会をやったのがあわのネの始まりでした。

上京して音楽をやっている仲間、上京して大学で勉強している仲間

みんな目的を持って館山から出ていった奴らでした。
必然的に話は地元である館山の話になりました。

館山は仕事がないんだよ!とにかく!仕事があれば帰りたいやつはいっぱいいるんだ!

とか

若い奴らが楽しめるカフェだったり、バーだったりがないんだよ!音楽やれる場がない!

とか

若者に活気がない!

とか

様々!酒がはいって言いたい放題笑

米原は、この頃環境活動をやっていた時期でしたが、
なんか目的が定まらず、都内というでかい場に揉み消されているような

宙ぶらりんな感じがしていましたが、特に地元に帰ろう!なんて考えていませんでした。

いや、地元の事すら考えていなかったかもしれません。

とにかく!子どもの未来のために今の自分に出来ることをあれこれやってみる


そんな日々でした。


活動の場が沢山あるので、やたらと動いていましたが、どれも何かを変えるようなものではなかったように思います


話を戻します。


酒がはいって言いたい放題地元を言っていましたが

ある時誰かが、無い物ねだりしてたら何も変わらんみたいな事を言いました

確かに何も変わらん!とみんなで、出来ることを探し始めます。

そしたら、音楽やってるやつがいる。

米原はイベント主催してる。

人を集められる大学生がいる。

じゃあ館山で若者が盛り上がれるイベントをやっちまおぅ〜!!

乾杯〜


みたいな感じでした笑

飲み会の席だから、大抵企画倒れになるケースが多いように思いましたが

結構みんなマジだったらしく。

あわのネが始まりました!
さてスタートを切ったあわのネ一年目の行く末は→

来週に続く
author:やれできヨネ!!, category:-, 12:10
comments(0), trackbacks(0), - -
1988年。命の祭
2012040808120000.jpg
こんにちは。米原です。

都内に向かうバスの中で久しぶりに携帯からブログを書きます。

先月、鴨川に住んでいるアーティストの方からお借りした本があります。

88 いのちの祭

という、1988年の8月8日に八ヶ岳で行われたイベントを本にしたものでした。

今でこそ色んなところで行われている。祭、フェス

この頃はそんなものをやった人も、体感した人もいないような時代に

8000人ものコアな人が集まった日本版ウッドストックと呼ばれるような祭だったそうです。

ひょんな事から私はその本を手に取りました。

シンプルな写真の表紙をみてビックリしました。

『no nukes one love』

と書かれていたからです。
つまりは、反原発をテーマにした祭だったわけです。
僕が原発を考えるようになったのはたかだか5年前からです。

活動を始めたきっかけの1つです。

その頃、沢山の流れとともに若者が多く原発について考えるきっかけがあった年でした。

その頃、上野やら代々木で行われたイベントの名前やら、反原発のチラシやらに書かれていた言葉が

『no nukes one love』の類いのものでした。

僕はこの言葉を若者がこの問題を広げるために、新しくできたものだと思い込んでいました。

しかし、それは違いました。

88年、いやそれ以上前からこの言葉があったんだ

と気づかされました。

88年

チェルノブイリが爆発してすぐの年

バブルの少し前の年

僕の母親の世代です。

地球を壊してでもお金に目がくらんだ人が増幅してバブルになっていく

大きな流れの中で

そこに集まった人たちは、明らかにその流れとは違うところにいました。

大きな流れにある意味乗っているんじゃなくてのまれている人たちは

きっと、その人たちを変態にしか見れなかったでしょう

ごくごく希にこの大きな流れに疑問を感じた人たちは子ども達。

つまり今の僕らの未来を考えて、本当に必死にこの流れを少しでもいい方向に向けたかったと思います。

そんな各地に少しずつ住んでいた人たちが一同に集まったのが命の祭でした。

原発じゃない発電を提案するもの。ライフスタイルを提案するもの。子どもの未来を話し合う場

色んな人たちの色んな思考があつまり、どうしたら原発が止められるかを話し合った

本に書いてあった。

原発という人類最大の過ちに私たちは気づかなくてはいけない

・・・まだ間に合うならば

まだ間に合うならば

この言葉が胸にささった

そのあとにバブルに突入し
日本はそのまま突き進んだ
その本にのっている幾分かの人は死に

また幾分かの人は今もなお活動を続けている

88年 たつ年

ドキッとした

まだ間に合うならば・・・
からぐるり二週もして、2012年。たつ年です。

あの頃、一握りの気づいた人が想定していた未来は去年おこりました。

そして今もなお続きまくっています

予想通り、誰も手がつけられず。誰も責任をとれない
きっとこれは

間に合わなかったということだろう

しかし、今もなおキヅキに気づかずに進む

本当に本当に本当に本当に
本当にどうしようもない大人達

自分の子どもが死なないとわからないのか。

もう、言葉もでない

いい加減に啓発するイベントなどもやる気にもならず
もう自分たちが信じる生き方をやっていくしかない

たまに、本当に人が破滅に向かいすぎていて

なんだか本当に嫌になります。

だけど、最後の最後まで自分ができる事は

やりたいんです。アホすぎる大人達とだってなんとか仲良くやっていきたいよ

もしかしたら、もう間に合わなくて

悪循環が渦巻きすぎて

もうどうにもならない時点かもしれない

だけども生きているんだから、生きてきた意味はしっかりとやりとおしたいんですね。

昨日は弟と喧嘩しました

弟は原発に人一倍興味をもち、そして現場をみてきました

大人が作ったこの世の中にすでに絶望している。

やつはとてもシンプルに過激に反原発をやりとおしてる。

やつはね、普通に話していて、感極まってないちまうほど

すっごく原発を考えてる。
そんな子どもを生んじまった

それを今すぐ自覚すべきだよ

大人は

やつはね、本当にすごいよ
誇りに思う

生意気でクソガキだけど本当にまっすぐ

ずっとこの命の祭のブログを書きたかったんですが、中々タイミングがなく

一気に書きました。

米原は今まで通りバカみたいにバカをやりながら

自分のやり方で世の中を楽しくしていきたい

これからもよろしくお願いします
author:やれできヨネ!!, category:-, 16:38
comments(1), trackbacks(0), - -